FC2ブログ
としえのへたえ - TOSHiÉtti GRAFFitti
トレーラーバスに乗る(西東京バス「青春号」)
ひろしまとしえです。おはようございます。

府中運転免許試験場で一発試験を5回受け(よって5発試験)、「けん引第二種免許」をようやく手に入れましたが、今回わかったことはこの一連の流れの端緒となった2年前同様、「スランプに陥ったら髪を切ると合格する」ということであります。

トレーラーバス

で、けん引第二種免許というのは何なのかというと、重被けん引車でお客さんを運ぶのに使えます。上の絵みたいなトレーラーバスです。しかし、今日日このような車両はめったにお目にかかれず、しかもわざわざ二種免が必要なのは緑ナンバーのついた車両ですから、その有用性はいわずもがな。レアアイテム「け引二」けん引免許のスゴイ・ヴァージョン、乃至は The ヲタ免種 に成り下がってしまいました。

なお、上の絵、必要な大型免許は一種なのか二種なのか、トラクターにお客さんを乗せるのか否かなど、ややこしそうなのでそこは突っ込まないでくださいな。

でも、これ全く使えないわけではありません。国内に1両だけ該当車両があると言われています。

武蔵五日市駅 武蔵五日市駅バス停

というわけで、土曜の夕方、武蔵五日市駅にやってまいりました。西東京バスの3番乗り場へ。

トレーラーバス「青春号」

おお、なんかおもろいの走ってきた!! SLみたいなバス。これが噂のトレーラーバス「青春号」です。車輪がいっぱいあるように見えますが一部はフェイクで、本物の車軸はトラクター側2軸、トレーラー側1軸です。

トレーラーバス「青春号」

運転席の前にボイラーのような飾りがあるため、ミラー配置が立体的になっています。両サイドミラーは後ろ寄り、両サイドアンダーミラーと両アンダーミラーは前方下寄りに配されています。役割分担がわかりやすいですね。

トレーラーバス「青春号」の車内

客室にはなんと、車掌さんがいらっしゃいます! 二種免の学科で車掌のいるバスの運転法がいろいろ出てくるのですが、ここでお目にかかれるとは。確かに、トレーラー側にも乗務員がいないと運賃の収受や安全なドア扱いに困ります。

内装はレトロ調。天窓で開放感があります。

トレーラーバス「青春号」

路線バスですので、途中にもバス停があります。山道を器用にくねくねと登って行きます。発車時には、列車の客車に乗っているようなガチャンとした引っ張られる感がありますが、運転が上手すぎて全くショックを感じません。それでいて速度のメリハリもあります。ここまで丁寧で手際のよい運転は体験したことがありませんでした。勉強のため試験前に乗っておくべきだったのかもしれません。

そして、終点「つるつる温泉」に到着。

トレーラーバス「青春号」

前(トラクター)と後ろ(トレーラー)でナンバーが違います。連節バスとは違って、それぞれ別の車両であることがわかります。後部に赤い三角形の反射板があるのは普通のトレーラーと同様ですね。

トレーラーバス「青春号」

第5輪(連結部)付近です。トラクター後部に灯火もナンバーもあります。頭だけでも走れるということです。

トレーラーバス「青春号」

同じ車両で帰ります。手にしているのはまさにこの車両のトミカです!

トレーラーバス「青春号」

運賃後払いで、ICカード対応です。現金の場合には乗車時に整理券を取ります。

トレーラーバス「青春号」 トレーラーバス「青春号」

左上写真は連結部のケーブル類です。

右上写真は、トレーラー前方左上に付いていたカメラのようなもの。トレーラー前方右上にはありません。トレーラーには左後ろにとても大きな死角があります(それゆえに左バックは大変難しい)。この死角を補うカメラではないかと推測します。トレーラー後部の上方にもカメラらしきものが付いていました。

以上です。朝だー!
お楽しみいただけたら押してちょ ↑↑↑↑↑
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
けん引第二種免許」の前後記事

テーマ:資格を取ろう! | ジャンル:就職・お仕事

[2016/02/28 06:19] | けん引第二種免許 | Trackbacks(0) | Comments(2)
| ホーム |
けん引第二種免許取得
ひろしまとしえです、こんばんは☆

まずは、落ちまくっていたけん引二種の技能試験@府中運転免許試験場の要約。

第3回戦: 2月17日(水)午前、Aコース。乗車1番め。方向変換1回で成功するも、S字で被けん引車左後輪脱輪。このほか、交差点での確認漏れや発進ショックでアウト。途中退場。

第4回戦: 2月19日(金)午後、Aコース。乗車1番め。方向変換4回めで被けん引車左後輪が脱輪でアウト。途中退場。試験官より、方向変換のいずれも折るのが早すぎとのコメント。あと、指示速度50km/h後の減速が急ブレーキだったと。

S字

第4回戦の失態は論外として、第3回戦のS字でのミスを分析。府中のS字は大体上図のようなイメージ(適当に描いたのでS字が歪んでますが実際はちゃんとした形状です)。太めの道路から右折でクランクへ入ると思いきや、すぐ左折でS字に進入するというトリッキーな形状。

第3回戦では、上図7番のカーブに被けん引車の左後輪を引っかけてしまいました。変曲点通過後、早々に車体を伸ばしてしまったのが敗因と分析しました。そこで、わたしなりに注意点を整理しました。あくまでもわたしの主観なので、無保証です。

まず進入時、斜めにショートカットしたくなりますが、そうすると上図1番の角に引っ掛かります。なので、基本に忠実にくねくねと入ります。

進入後いきなり4番のカーブに沿わせようとすると3番の角に被けん引車左後輪を引っかけますから、まずは2番を狙って進入し、後輪が3番をクリアするのを確認の上、4番へ誘導します。

アンダーミラーで左前輪付近、右サイドミラーで被けん引車右後輪を確認しながら最初のカーブを通過。変曲点を過ぎてもそのまま右旋回しながら6番の方までぐっと食い込みます。

こんどはトラクター右前輪をカーブ外側にぎりぎり沿わせて進みます。このとき思い切りオーバーハングさせますので、前輪位置を常に意識します。

最後にS字を左に出るのですが、ここで気を緩めると8番に被けん引車の左後輪を引っかけます(←第2回戦ではここが危うくなり切り返した)。

というわけで、第5回戦! 2月26日(金)午前、Aコース。日野レンジャー、乗車1番め。

指示速度50km/h: 4速~5速とべた踏みで加速。すぐにカーブが迫るので、ショックの出ないようブレーキをかけ減速。二種なので急制動には厳しい。

右方向変換1回目: 前のT字路に頭を出し、センターラインから70~80cm下がった感じがするあたりできっかけハンドル半回転。被けん引車右後輪が縁石から80cmほどを浅い角度で通過。このままでは左後輪が脱輪するのでやり直す。

右方向変換2回目: 前のT字路に頭を出して停車。5度くらい斜めになってしまった(右後ろが開く感じ)が、何とかなりそうなのでGo! センターラインからちょい下がったあたりできっかけハンドル半回転。被けん引車右後輪がいい感じのところを通ったので、135度くらいの折れで押し込んでいく。よき辺りで右いっぱい切って伸ばす。伸びが早すぎるのでハンドルを戻したり切ったりで微調整。まっすぐになったが、脱出のため前方に余地が欲しいので、直線バック。いい塩梅で「入りました!」と宣言。

黄点滅の交差点: 前々回、安全確認を怠ったことを指摘された箇所。今回はしっかり確認。

狭路(S字): 上の分析結果を踏まえ、見るべきところを押さえつつ走行。通過できた!!

踏切: ちょうど警報機が鳴っていた。ホイールパークをかけ、警報が止まったのを目と耳で確認して坂道発進の要領で発進。車体が抜けきるまで変速しないようぐっと堪える。

赤点滅の交差点: 踏切を出て右折ししばらく行くと赤点滅。一時停止。

発着点: しっかり寄せてポールに合わせて停止。駐車措置をして下車。よっしゃ、完走!

結果発表: 試験官曰く、「ギリっギリですよ。ほんとギリギリですけど、合格予定です。課題を終えると気が緩むようですね。左折のときにちょっと右に振れました。路上だと事故になりますよ。気を付けてください。今回は練習の跡が見られました。」

合格予定キタ ━━━(゜∀゜)━━━!!! 最後の言葉がうれしかったです。

試験官から合格予定者票なる色紙を渡される ⇒ 38番窓口に色紙を提出し初回の免許申請書を目視確認 ⇒ 4桁の暗証番号を2個決めてバーコード印刷 ⇒ 技能試験室で待機 ⇒ 試験官同伴で免許証交付料納付 ⇒ 技能試験室で待機 ⇒ これまでの免許申請書が束になったクリアファイルを持って写真撮影 ⇒ 待つ ⇒ 13:00免許交付!!!

今回のけん引試験は数名が受けていたのですが、合格者はわたし1人だけみたい……。

けん引第二種免許取得!

というわけで、けん引第二種免許取得! これによりまして、昨日よりわたくし、トレーラーバスで旅客運送ができることになってしまいました。国内には該当する車両が1両だけしかないとされています。

け引二

右下に「け引二」のビットが立ちました。

160226cake.jpg
お祝いに主人がケーキを買ってきてくれました♪

ろうそくの文字、312じゃないですよ。「引2」なんですよ!!

(しかし、よく思いついたな……。)

そうそう、主人の受けていたレーダー級海上特殊無線技士の無線従事者国家試験、こちらも合格通知が届きました! 祝・ダブル合格!!

以上。
お楽しみいただけたら押してちょ ↑↑↑↑↑
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
けん引第二種免許」の前後記事

テーマ:資格を取ろう! | ジャンル:就職・お仕事

[2016/02/27 01:00] | けん引第二種免許 | Trackbacks(0) | Comments(4)
| ホーム |
ホーミーで『ロンドン橋落ちた』と『蛍の光』
ひろしまとしえです。こんばんは!

けん引二種の試験、第3回戦、第4回戦ともに落ちてしまいました。わたしダメですね。しかもですよ、第3回には一発で成功した方向変換が第4回では全滅。もう何やっているんでしょう。

としえが落ちた~、落ちた~、落ちた~。としえが落ちた~、けん引二種♪

そうそう、髪の毛切っちゃいました。動画前半および下の写真のとおり、ショートボブにしてしまいました(後半は半年前の髪)。美容師さんには、
「阿良々木月火にしてください。」
と発注。

LED照明

ヨドバシカメラのポイントが3万円以上貯まっていたので、ビデオ用のLED照明と背景紙を買いました。動画前半でこの照明を使用しています。

以上! 寝る!
お楽しみいただけたら押してちょ ↑↑↑↑↑
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
どうでもええこと」の前後記事

テーマ:日記 | ジャンル:日記

[2016/02/22 00:27] | どうでもええこと | Trackbacks(0) | Comments(2)
| ホーム |
トラックで山梨・静岡2016春
ひろしまとしえです。激疲れなので手短に。^^; (真ん中辺に大雨の動画を追加しました。)

けん引二種挑戦中なのですが、慣れないシフトパターンに苦戦を強いられております。これまでの試験車は日野・レンジャーと、UD・コンドル。いずれも2速が後方に引くタイプ。これを克服せねばスムーズな運転はできないと感じました。

シフトノブ

イメージトレーニングだけでは限界があるので、土曜日から24時間だけコンドル(4トンロング)の箱車をレンタルしました。

受付: 「4トンはご経験ありますか~? ご経験ないと……。」
としえ: 「大型二種免許持ってますけど、ダメ?」
受付: 「あ、どうぞ。お貸しします!」

ええんかい?! 初めて二種免が役立ったわ。

セーラー服とトラック

大きさはこんな感じ。4トンロングの中型車なので、教習で乗ってた12mの大型車よりはコンパクト。ちなみに、鮎沢PAには便利な場所に中型兼用なるスペースがあるんですね~。その他のSAやPAではちょっと離れたところにある大型用スペースに停めることになります。

トラックの長さ

箱車なので、後ろはサイドミラーかバックモニターでしか見えません。

ペダル

けん引二種の試験では中型ヘッドに短いトレーラー。そんな車を借りたいんですが、そんなもの貸してくれるところはめったにありません。ってか、そんな車、教習所や試験場以外ではめったに見ません。

今回慣れておきたいのは、けん引バックではなくて、シフト操作とABC(アクセル、ブレーキ、クラッチ)協調なので4トン車が好適なのですよ~。ブレーキもエアブレーキですし。

立川をスタート。中央自動車道~中央自動車道富士吉田線~東富士五湖道路~須走IC~道の駅すばしり(仮眠)~R138~R246~道の駅ふじおやま~R246~沼津~R1~道の駅富士~東名高速道路~横浜町田IC~R16という感じ。


ところがですね、この週末は嵐。春一番の大嵐だったのです。

道の駅ふじおやま

大雨、強風、霧、湯気(路面から立ち上ってた!)に悩まされながらの運転。とくに強風恐怖でした。なんつて。いやマジで怖かったです。

運転席

人妻(自称21歳)がこの服装ではいけませんね。

計器盤

計器盤。普通車であまり見かけないのは、左下のアドブルー(ディーゼルの排出ガス浄化用の尿素水溶液)の残量計と、右下2つの空気圧力計ですね。上のは表示が点いてないときの写真なのでわかりませんが、HSA(坂道発進補助装置)搭載車でした。これは非常に便利です。

アドブルーのタンク

これこれ、これがアドブルーのタンクです。

以上! 寝る! おやすみ☆
お楽しみいただけたら押してちょ ↑↑↑↑↑
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ

テーマ:日々の出来事 | ジャンル:ブログ

[2016/02/15 01:27] | トラックで山梨・静岡2016春 | Trackbacks(0) | Comments(7)
| ホーム |
けん引二種・技能試験(第2回戦)
ひろしまとしえです。こんにちは……。

なんというか、こううまくできない醜態を逐一全世界に発信する恥さらしに辟易するきょうこの頃。こんな出だしで予想できることと思いますが、要するに……また落ちました!! けん引二種の技能試験、第2回戦も不合格でした。

場所は警視庁の府中運転免許試験場。今回もAコースでした。わたしは2番めの乗車。Aコースは右の方向変換です。このほか指示速度50km/h、微妙な左折進入のS字、障害物3箇所、踏切などがあります。府中のコースのすごいところは、車両通行帯があったり、信号に矢印があったり、点滅信号があったり。なので、レーンを選ぶことまで考えないといけませんし、指示速度もがっつりいかないといけません。

前の受験者の運転するトレーラーが発着点に戻り、運転を交替します。この試験車はダブルキャブじゃないので、次の受験者が同乗することはありません。運転席に乗り込んで、荷物を背後のベッドに置こうとすると……:

足が!!!

足だー!!! 一瞬ぎくっとしました。なんのホラーかと。見れば試験官のほかもう1名のポリースマンが横向きに座っているではありませんか。窮屈姿勢で同乗! それには私も同情! それでは運転どうじょ! ラップしている場合ではありません。制服の警察官が2人も乗っている試験車なんて緊張感半端ありません。

試験官: 「えー、大型二種でよろしいですね?」
(いいえ、ケフィ……) 
としえ: 「いいえ、けん引二種です!」
試験官: 「あっ、すみません。けん引二種ですね。」
いやいやいや、この車でいきなり鋭角とかできませんて! で、今回のトラクターは……UDコンドル!! UD自体が初見です。やばいです。El Condor Pasa... . 脳内にケーナのもの哀しい音が……。

【発進】
駐車ブレーキはよくあるホイールパーク。その横にガムテで封印されたもうひとつの謎レバー。それはさておき、このトラクターはワイドボディーなのです。また、前輪がボディーより内側に引っ込んでいてミラーや目視で見えないのであります。これは、狭路や方向変換をする上で ……ではなくて由々しきことであります。しかも、シフトパターンは私が苦手なタイプ。

【慣らし運転】
慣らし運転開始直後の一時停止。用心しながらそっとエアブレーキを踏むと、どっかーん!!! うわ、ブレーキめっちゃ効くやん!

【スタート】
そして採点スタート! 3速はちょい右上、3速はちょい右上……。念じながら2速発進&T字路右折。

試験官: 「方向指示出してください!」
やってもたー!! 昔、中型限定解除の卒検に落ちて腿まであったスーパーロングヘアをばっさり切る羽目になった主因も方向指示器ミス。

【指示速度】
直線入ってすぐに指示速度50km/h、5速まで入れて終盤に速度到達。で、カーブなので減速し、3速へ投入。3速はちょい右上……グギッ、ガガガガ! 入らんっ!!!

【方向変換】
続いて、方向変換(右)前回通過できず、最後に脱輪でアウトとなった忌まわしき課題。

1回目。右側80cmくらいに寄せ、頭を前方のT字路のセンターライン付近まで出し、バック開始。きっかけハンドル浅めで後退、右後輪は縁石から60cmくらいを通過。折れが足りないので、もうちょい折る。だめだ、トレーラー左後輪がクリアできない。やりなおします。

2回目、頭を前方のT字路のセンターを1mほど越えたところまで出して後退開始、120度くらいに折りました。やはり左後ろが厳しいです。しかし、トレーラーの後輪位置がかなり後ろにあることを考慮するとギリギリいけそうです。右いっぱいに切ってヘッドを起こします。起きが早いのでハンドルを戻して微調。まっすぐにはなったものの、左にはたぶん10cmくらいしかスペースがありません。ちょっと斜めっていてこれ以上は後退することもできません。これ、やりなおさないと脱出できないのではないか? しかし、ギリいけそうなので、宣言。

としえ: 「入りました!」
試験官: 「ちょっと待ってて。確認します。」
(試験官、車を降りて状態を目視確認。接輪・脱輪でもしてたのかな……。)
試験官: 「はい、では(方向変換を出て)右に出てください。」

前方、スペースありません! トレーラーで左に寄りすぎた場合、右に振ってから出せば通過できるのですが、それも前にスペースがあればの話。脳内シミュレーションによれば、右にわずかに振ってから、右前輪をギリギリ縁石に沿わせれば、左後輪が縁石5~10cmを通過するはずです。ところがワイドボディーなので右前輪は見えません! やるしかないので、ギリギリを攻めます。トレーラー曰く: 「ガタンっ!!!」

脱輪かと思い、思わず急ブレーキを踏んでしまいました。振り返ると、後輪は縁石から10cmくらいのところにあります。(運転ムラで)トレーラーが引っ張られたときのショックだったようです。

【狭路(S字)】
ここのS字の入口は、クランクへ右折進入した直後にS字に左折進入するという、いじめとしか思えない形状。S字はカーブの外側に前輪を沿わせるのですが、進入時はカーブ内側ギリを狙い、左後輪がクリアできることを確認してから速やかに外側に誘導しました。そこはよかったんです。

問題は出口! ここを左折で出るのですが、ハンドルを早まりました。見ればトレーラー左後輪が接輪しているかも状態。容易ではないのですが後退で解消。なんとか脱出しました。直後、また左折。

試験官: 「方向指示器出してください。」
ナムサーン!!

【踏切】
停止後、変速禁止、変速禁止と念じながら通過。直後の交差点を右折中にシフトアップしようとしてギクシャク。

【おわり】
路端に寄せて、青いポールに合わせて停止。駐車措置をして、降車。完走はしたものの、これはダメだと確信しました。

【発表】
試験官: 「まず最初に結果ですが、不合格です。」

【コメント】
・車に慣れましょう。
・方向変換で右後ろばかりを見ていました。ちゃんと安全確認するように。ヘッドを起こすときは左後ろも危険です。
・方向指示器のミス。緊張していてのことと思いますが、基本は大事です。


もう本当におっしゃる通りです。とにかく運転のギクシャクが激しく、情けないほどでした。そして、それに気を取られてのミス連発。車に慣れること、本当に大事だと思います。

今回、完走だけはさせていただけました。ありがとうございます。次回予定、来週! 38番窓口横の予約機で予約を入れます。すぐに窓口に呼び出されます。

38番窓口の警察官: 「(方向変換のポケットに)入ったあ?」
としえ: 「入りはしましたが、ほかがギクシャクしていて……。」
38番窓口の警察官: 「あと少しだな!」

次回は午前の部なので、料金も支払いました。さらば4,500円!!

(つづく)
お楽しみいただけたら押してちょ ↑↑↑↑↑
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
けん引第二種免許」の前後記事

テーマ:資格を取ろう! | ジャンル:就職・お仕事

[2016/02/11 15:27] | けん引第二種免許 | Trackbacks(0) | Comments(2)
| ホーム |
レーダーが欲しい
技能試験での凹みが収まらない、ひろしまとしえです。こんばんは☆

いよいよマイ船が欲しいきょうこの頃。ウェブで中古艇を漁っては、保管場所どうしようという壁にぶち当たる毎日。

さて、小型船舶を操縦するには小型船舶操縦免許が必要です。主人とわたしが一緒に一級を取ったのは一昨年の春。

小型船舶操縦免許には一級、二級、二級(湖川小出力限定)、特殊、特定というランク・カテゴリがあります。一級と二級の違いは航行区域でして、一級は無制限(但し、ヨット以外で陸岸から100海里を超える場合には六級海技士(機関)以上の乗り組みが必要)二級は陸岸から5海里以内の航行が許されます。

一方、船に対してもその装備等に応じて各々航行区域が指定されています。よって、操縦士とお船の両方の航行区域のアンドをとった範囲内でお船を走らせることができるわけです。

ここで、仮にマイ船を入手するとして、わたしたちとしては少なくとも「限定沿海」、できれば「限定沿海+沿岸」、さらに欲を言えば「沿海」の船を用意したいわけです。
(注: 沿海区域≒海岸から20海里=37.04km、沿岸≒海岸から5海里=9.26km)

無線電話とレーダーが欲しくなるであろう図
こんな大きなレーダー付けたら空飛びそうだ

そこでですね、万一遭難したとします(海で遭難すると超死にます)。沿岸ならば携帯電話が通じるかもしれないので、118番で海上保安庁に通報することになります。しかし、沿海となると携帯電話だけでは超厳しいと思いますので、船舶無線が必要になります。また、夜間や悪天候で視界が制限されることを想定するとレーダーが欲しいところです。

船舶無線やレーダーを操作するためには、無線従事者免許が必要です。これに備えて、としえは(今の)お仕事に必要ということで第一級陸上無線技術士を持っていた勢いもあって第一級海上無線通信士を取ったわけですが、実際のところはその5ランク下の第二級海上特殊無線技士さえあれば、国際VHF、レーダー、DSC(デジタル選択呼出装置)、AIS(船舶自動識別装置)が使えるので必要十分と思います。

でだ、わたしがけん引二種の技能試験で撃沈された金曜のこと、実はうちの主人もお受験をしていたのでした。その資格:

レーダー級海上特殊無線技士
1行目、なぜ無線工学用はゴシック体、法規用は明朝体なんでしょうか

そこにきてレーダー級海上特殊無線技士かよ?! あれほど二海特や言うてるのにレーダー海特かよ?!!!!!

主人: 「だってレーダーかっこいいじゃん。」
あ、はい……。たしかにレーダーかっこいいです。
としえ: 「ネタかよ?!」
主人: 「ネタじゃないよ!」
一度そのレア免許、見てみたいといえば見てみたいです。祈合格! (ただし、本気で船を買うなら、二海特取ること!!)

以上!
お楽しみいただけたら押してちょ ↑↑↑↑↑
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
船舶」の前後記事

テーマ:日々の出来事 | ジャンル:ブログ

[2016/02/07 23:51] | 船舶 | Trackbacks(0) | Comments(2)
| ホーム |
けん引二種・技能試験(第1回戦)
しょぼ~ん、ひろしまとしえです。おはようございます……。

昨日は府中運転免許試験場にて、けん引二種の技能試験でございました。

としえはですね、昨年夏に教習所でけん引一種を取ったときは、意外と飲み込みよかったんですよ。バックは得意で、方向変換もすぐできるようになったんです。その慢心でしょう、きょうの結果の惨憺たるもの……。

今回は一発試験以外に選択肢がないわけです。そうなると、試験車を運転できるのは試験のときだけ。試験車は日野のレンジャーで、コースはAコース、5番めラストの乗車でした。(うわ、またラストだ!)

大きい車はシフトパターンいろいろですから、まず、シフトノブの刻印を確認するわけです。

けん引二種、第1回戦敗退

あ……。一瞬で凍りつきました。「これ、あかんやつや……。うちの不得意なシフトパターンや。」上図のように、これまでの検定車はどれも2速が(図の)上だったんです。ところが今回の試験車は2速が下なんです。うわー、脳みそのマップが書き換わらない……。

駐車ブレーキは普通車のサイドブレーキみたいな形をしています。なのにこれパシューンと鳴るホイールパークなんです。しかし、うまく解除できません。ボタンが押せない……。ある拍子でなんとか解除に成功し、スタート地点まで慣らし運転。アクセル、エアブレーキ、クラッチ、ハンドルの操作感はとくに違和感ありません。やはり、問題はシフト操作。

変速の度、「4速どこだ?」みたいに思考が挟まって動作が遅れ気味。それに昨年末までの大型バス教習でフィンガーシフトの軽さに慣れてしまっていたので、こういう普通のシフトがスムーズに操作できません。コースは大体暗記していたのに、進路変更などが後手後手に回ってしまいます。

そして、方向変換にやってきました。右方向変換です。チャンスは4回。1回目、右後輪接輪寸前でストップ。あと少しきっかけハンドルを遅らせれば、あるいはもうちょっと右を開けていたらなんとかなったかもしれません。

やり直すも、こんどはヘッドとトレーラーが最初から折れています。修正舵を切るものの右の余地が少なく回復不能。さらにやり直して、こんどは思いっきり前に出ますが、やはり右余地が足りない。

最後のチャンス……だめだ折れが早い。折れを遅らせるための修正舵をかけますが、間に合いません。これ以上の切り返しをしてもアウト、これ以上バックしても脱輪でアウト、詰みです。後輪が流れることを祈ってバックしましたが敢え無く脱輪。

ゲームオーバー!!! スーパーマリオの死亡メロディーが脳内に流れます。発着点へ強制送還となりました。

試験官からのワンポイントアドバイス: 「不合格です。方向変換、右に寄せるのはいいのですが、あれは寄せすぎでした。寄せすぎると難しくなります。かといって、あまり離れても前がきつくなります。3階で次回の予約を取ってきてください。」

【反省】
今回は二種だ一種だ以前に全然走れていません。けん引一種だ大型二種だを持っていながらあの運転はありえません。初めての車やコースだとはいえ、そんなことに惑わされてはプロ失格。

Aコースでは方向変換の場所へ2度立て続けの右折で進入するのですが、減速シフトに失敗するうち場所を行きすぎそうになってやや強引な角度で進入しました。結果、最適な寄せ幅に誘導する心的、物理的余裕がなく、後退前に車体をまっすぐにするという基本すら欠いてしまいました。やり直しも雑でした。正しい状態に誘導できず、しかも失敗を繰り返すうちどんどん悪い方へハマってしまいました。

シフト操作と方向変換、次回の受験まで十分にイメージトレーニングしておきます。

(続く)
お楽しみいただけたら押してちょ ↑↑↑↑↑
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
けん引第二種免許」の前後記事

テーマ:資格を取ろう! | ジャンル:就職・お仕事

[2016/02/06 04:25] | けん引第二種免許 | Trackbacks(0) | Comments(2)
| ホーム |
トレーラーバス運転手への道(技能試験予約)
きょうは有給休暇の、ひろしまとしえです。こんばんは☆

受験シーズンですね。受験生って響き、若々しくていいですね♪ こういうときは自分も受験生になるに限ります!

というわけで、府中運転免許試験場へやってきました。案内だか受付だかの窓口に立つと、警察官曰く「更新でしょ?」ですと。違うんだなこれが!

けん引二種の受験を申し込むのだ

としえ: 「いっ、いいえ。けん引二種を受験したいのですが……。」
警察官: 「……。けん引二種?!! これまた大きくきたなあ!! では、この紙に記入して手数料を納付してきてください。」

試験場の警察官はいつもフレンドリー。

というわけで、説明しよう。今回としえが受験を申し込んだ「けん引二種」は大型二種免許などと組み合わせて用い、トレーラーバスで旅客運送をする場合に必要となる運転免許であります。

そんなバス見たことないって? はい、わたしも未だ見たことありません! 緑ナンバーのトレーラーバスは、日本国内では武蔵五日市駅~つるつる温泉の区間で運行されている1台だけが現存すると言われています。マジか?! ちなみに、時折目にする緑ナンバーの連節バスは切り離せない構造であるため、けん引二種は不要で、大型二種だけで運転できます。

手数料を納付したら、次は適性試験(視力検査と深視力検査)。昨日の夜更かしがたたらなければいいのですが……。適性試験はあっさり合格! よかった。

ところで としえは、これまで運転免許はすべて指定教習所を利用してきたため技能試験は免除でした。ところが、けん引二種を扱う指定教習所はありません。

となると、残された道は、イ・ッ・パ・ツ・試・験!!!

3階に移動し、技能試験の予約。窓口に書類と免許証を提出し、データを登録してもらいます。「受験の手引き」という小冊子と、予約機の使い方などが記されたペラ紙を受け取りました。

登録が終われば横の予約機で技能試験を予約。まるで教習所の予約端末みたいです。試験までに試験車両使用料を納付しておくようにとのこと。さっそく1階で納付しました。おおお、1,550円でトレーラーを運転できるのか!!!

というわけで、いただいたもの:

受験票など

受験票には:

受験票

「けん引二種」の文字。あ~あ、マジで申し込んじゃった。しかし、紛れもなくわたしも受験生になりました♪

ちなみに、受験資格はちょっとハードルが上がります。以下の(a)、(b)のいずれかを満たす必要があります。
(a) けん引免許保有、かつ大型・中型・普通・大特のいずれかの免許を通算3年以上保有
(b) 他の二種免許を保有
わたしは(a)でも(b)でも条件を満たすので受験可です。

これまで取得してきた大型二種、けん引一種、大特一種の各免許は、純粋に転職目的でした。一方、今回のけん引二種に限っていえば、これは趣味です! ネタです!! 腕試しです!!! でも、決して記念受験に終わらないよう乗り物ヲタの威信にかけて気合い入れていきます。

さて、何回で取得できるのか、それとも挫折するのか。去年の夏以来トレーラーは全く運転していないのですが……。

(つづく)
お楽しみいただけたら押してちょ ↑↑↑↑↑
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
けん引第二種免許」の前後記事

テーマ:資格を取ろう! | ジャンル:就職・お仕事

[2016/02/03 21:20] | けん引第二種免許 | Trackbacks(0) | Comments(4)
| ホーム |
運河めぐり~羽田クルージング(羽田編)
ひろしまとしえです。こんばんは☆

日曜の未明、麦茶をプラスティックコップに入れて2階に上がったらこけました。廊下が水浸しになりました。

こけた

わたしの悲鳴に、主人が「ほげっ!」と反応していました。


1月17日の船遊びの続き。先日の記事で扇橋閘門に行ったと書きましたが、その前に東京スカイツリーの横を通過していました。

東京スカイツリー

ロックゲートを楽しんだあと、隅田川を下り東京湾へ向かいました。

レインボーブリッジ

レインボーブリッジが迫ってきました。

レインボーブリッジ

そして、レインボーブリッジをくぐりました。羽田沖へ向かいます。

D滑走路の進入灯

東京国際空港D滑走路の進入灯です。

飛行機

飛行機が次々と離陸していきます。

飛行機

よく見るとギアアップ中でした!

飛行機

なんか段差がエ□い。

ゲートブリッジ

飛行機を堪能したところで戻ります。目指すはゲートブリッジ。小型船は航路外を航行することが推奨なのですが、ゲートブリッジをくぐるためには東京東航路を航行せざるを得ません。

航路標識(橋梁標識)

ゲートブリッジ
上の写真はゲートブリッジの航路標識(橋梁標識)。左から、左側端標中央標右側端標。水源に向かう場合、中央標と右側端標の間を航行します。船は右側通航です。

右の写真はゲートブリッジ直下!

(つづく)


日曜日、横浜のマリン用品ショップへお出かけ。

海図

海図だよーん!

ホーン

空気を詰めてならすホーンだよー! これ超うるさい!! 脇に抱えているのは空気ポンプです。

以上!
お楽しみいただけたら押してちょ ↑↑↑↑↑
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
運河・閘門・羽田2016冬」の前後記事

テーマ:東京23区 | ジャンル:地域情報

[2016/02/01 00:37] | 運河・閘門・羽田2016冬 | Trackbacks(0) | Comments(4)
| ホーム |

カレ俊 カノ俊 ブログ としえのへたえ - TOSHiÉtti GRAFFitti

としえのへたえ
著者紹介 Profile

ひろしまとしえ

ハンドル: ひろしまとしえ
Handle: Toshiétti
職業: 主婦・求職者・エンジニア
出身: 静岡県御殿場市
住所: 東京都
所属: AKB1048
   (エーケービー トーシーエイト)
年齢: 自称 21歳
FC2のトリップ: #MNmjYmiU

YouTube: チャンネル
Twitter: @Toshietti

【廣島家のウェブサイト】
 廣島研究所
 http://www.hrsm.net/
 製作記事へのショートカット集です

T and T
三崎港にて

【特技】
bits
全車種運転できます!
bits
小型船舶も!
☆ ドライバー職に転職希望 ☆

【保有資格等】 資格ヲタではない
〔国家資格〕
▼自動車運転免許
大型自動車第二種免許 大型自動車第二種免許
大型特殊自動車第二種免許 大型特殊自動車第二種免許
けん引第二種免許 けん引第二種免許
大型自動二輪車免許 大型自動二輪車免許
大型自動車免許 大型自動車免許
大型特殊自動車免許 大型特殊自動車免許
普通自動二輪車免許 普通自動二輪車免許
けん引免許 けん引免許
中型自動車免許 中型自動車免許
▼小型船舶操縦免許
一級小型船舶操縦士 一級小型船舶操縦士
特殊小型船舶操縦士 特殊小型船舶操縦士
小型船舶操縦士特定操縦免許 小型船舶操縦士特定操縦免許
▼危険物取扱者免状
乙種第3類危険物取扱者 乙種第3類危険物取扱者
乙種第4類危険物取扱者 乙種第4類危険物取扱者
乙種第5類危険物取扱者 乙種第5類危険物取扱者
乙種第6類危険物取扱者 乙種第6類危険物取扱者
▼無線従事者免許
第一級海上無線通信士 第一級海上無線通信士
第一級陸上無線技術士 第一級陸上無線技術士
第二級アマチュア無線技士 第二級アマチュア無線技士
労働安全衛生法による技能講習修了
フォークリフト運転技能講習修了 フォークリフト運転技能講習修了
車両系建設機械(整地、運搬、積込み用及び掘削用)運転技能講習修了 車両系建設機械(整地、運搬、積込み用及び掘削用)運転技能講習修了
車両系建設機械(解体用)運転技能講習修了 車両系建設機械(解体用)運転技能講習修了
〔民間認定〕
PADI Open Water Diver PADI Open Water Diver
〔学位〕
博士(工学) 博士(工学)

としえ船長
としえ船長です

【好きな場所】
 海!
【クリエイティブ系趣味】
 お裁縫、電子工作、激辛料理、
 デジタルヘタ絵、写真
【アウトドア系趣味】
 車や船の運転・操縦、
 クルージング、ドライブ、
 星見、海外旅行、崖鑑賞
【スポーツ系趣味】
 スキューバダイビング(過去形)、
 テニス(大過去形)、
 アイススケート(超大過去形)

【としえの訪問地】
国内: 全47都道府県
国外: 33ヶ国+7地域くらい
北限: Longyearbyen (北緯78°)
南限: Puerto Iguazú (南緯25°)
東限: 納沙布岬 (東経145°)
西限: Honolulu (西経157°)

カテゴリー
Categories

カレンダー Calendar

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

コメント Comments

リンク
Favorite Sites

メールフォーム
Mail Form

お名前 your name:
メール e-mail:
件名 subject:
本文 message:

新着 Latest Articles

月別アーカイブ
Monthly Archives

ご案内 Notes

コメントとトラバは、ひろしまとしえの承認後に表示されます。即時性なくてごめんなさい。不承認のときもごめんなさい。間違って投稿された場合は、続けて修正版または削除指示等のコメを再投稿いただければ、それらしくファジィに対応いたします。

鍵コメは投稿できなくしてありますのでメールフォームをご利用ください。

検索 Text Search

RSSs

ランキングサイト
Ranking Sites

ご訪問者数 Visitors

QR Code

QR

携帯電話からはいま一つご覧いただけません。